WordPressのため広島から東京まで行ってきた|広島 ホームページ制作会社 求人をお考えの方お気軽にお問い合わせください|株式会社ツクリエ

BLOG

WordPressのため広島から東京まで行ってきた

Pocket

こんにちは上原です。

ブログ3日目です。続いております。

ここ数日は雨が凄かったですね。

自宅の近辺ではちょっとした湖になったとか
白鳥ボートに乗ったカップルがキャッキャウフフと楽しそうでした・・

 

まぁ…もちろん冗談ですけどね笑

 

ただ雨が強かったのは本当で、
その夜に私のiPhoneでも、
ドコモの避難通知がビービーなっとりましたよ

緊急なのは分かるんだけど、
分かるんだけどせめて音をもうちょっと
ソフトにして欲しい・・・

 

なかなか心臓に悪い音をしますよねあの音。

 

恐ろしや…

 

WordCamp Tokyo 2016に参加しました

週末はWebの勉強しに東京に行って来ましたー
新しい技術や発信ってやっぱり東京なんですよね

東京ごいすー(/・ω・)/

急遽こちらに参加しましたー

wct2016_fb_thumbnail

WordCamp Tokyo 2016

なぜまた行くことになったかというと
話が遡って3日前

弊社代表 寺澤から、上原くんこんなのやるみたいだけど
一緒に行く?と声をかけられ

 

はい、喜んで!
上原は社会人の鑑です。

ε- (´ー`*)フッ

 

こんな事やりとりがあり、
東京に行くことになったわけですが
当日まさかの広島空港からの飛行機欠航で

 

寺澤飛行機乗れず!

 

ふぁ!?

 

僕は別の空港(岩国空港)からだったため、
急遽一人で行くことになりました。

 

/(^o^)\ナンテコッタイ

 

そんなこんなで東京に降り立った上原です。
会場のある新宿に向かう

もともと東京に住んでいたこともあり土地勘もあったため
特に調べもせずに山手線に飛び乗ったところ

 

まさかの逆周り!(´;ω;`)

 

焦るとダメですね。ほんと。
バタバタしながらもなんとか会場に到着!

 

ε- (´ー`*)フッ

 

こちら!会場1F

入り口

広いですねー大きいビルでした。
不思議な風船?で作られたオブジェもありました。

 

で、会場に到着!

会場入口

着いたぷー!w

 

WordCampTokyo2016とは

このツクリエブログでも使用している
WordPressに関するイベントでした。

WordPressに関する説明はまた別の機会にさせてもらいます。

で、そのWordPressを使用して仕事をしている人たちの交流会+セミナーでした。
各セッションの話を書いていたら長くなりすぎるので、
いくつかピックアップします。

 

(/・ω・)/

 

WP REST APIについて

最近特に目や耳にする機会が増えているWP REST APIを
使用したセッションがいくつかありました。

そのなかでもWP REST APIを中心として
WebサイトやWebサービスと
iPhoneやAndroidアプリとの連携事例などが
紹介されていました。

例えば、あなたのサイトでWordPessを使って、
ECサイト(ネットで売買できるサイト)で、
商品を掲載していたとして、

WP REST APIの技術を使えば、
今あるサイト自体に手を入れなくても、
登録データを流用して、
通常のiPhoneやAndroidのアプリとして、
アプリを制作できるようになるんです。

 

詳しいアプリ化の手順なんかは、今回は書きませんが、
面白いのが、1つのデータがあれば、
そのデータを使って色んなものに応用できることです。

 

MVCモデルで言うところのモデルをWordPressにやらせるってイメージです。

 

ちょっとイメージがつきにくい部分があるかと思いますが、
1つの情報があれば色々なものに派生・応用できるという感じです。

 

・・・(/・ω・)/

 

アクセシビリティについて

いきなりですが、アクセシビリティって知ってますか?
まずはwikiから▼

アクセシビリティ(英: accessibility)とは、近づきやすさやアクセスのしやすさのことであり、利用しやすさ、交通の便などの意味を含む。現代では、広い種類の利用者が製品や建物、サービスなどを支障なく利用できる度合いを指していることが多い。英語本来のアクセシビリティは、ノーマライゼーションの推進の理念から社会のすべてに適用される意味合いがある。日本でのバリアフリーがこれにあたる。

誰でも・いつでも・どこでも・どんな状況でも
目的の情報にたどり着き、利用できるようにすること

これって誰にでもあれはまることで、
普段使ってるものでも急いでいる時や、
慌てているときに使いづらいものってないですか?

普段は気にならないけど、
ちょっと状況が変わっただけで使いにくいものってないですか?

これを改善していくことがアクセシビリティの考え方です。
Webサイトでも、もちろんこの考え方が当てはまります。

なので使う人がどんな状態、状況なのかまで含めた想定をして
Webサイトも作らないといけないですね。

誰にでも簡単に使えて、誰にでも分かりやすく
使いやすいWebサイト・・・

理想的!(/・ω・)/

 

Webサイトの高速化について

表示が遅いサイトってどう思いますか?

この質問されて別に気にならないって人は、
あんまり居ないんじゃないかと思いますが、
Webサイトに関しては表示速度が早ければ早いほど良いということがあります。

ちなみにこのサイトで世界のサイトの表示速度の平均値がみれます。

Retail Performance Benchmarks
https://www.dynatrace.com/en/benchmarks/japan/retail/ns

※上のリンクだと日本に設定しています

ちなみに抜粋すると

Webサイトの表示時間
・日本:平均5.4秒
・世界基準:2秒以内 

 

2秒以内!

 

それが基準となっているということは、
それ以上に時間がかかっているサイトだと
遅いサイト=2回目以降見にきてもらえる確率が極端に低くなるということです。

せっかくブログを書いても、せっかく良い内容を考えても
見てくれる人が減っていくんじゃ悲しすぎますからね。

今後はこの速度に関しては、今もすでにそうですが、
大半のユーザー(見に来ているお客さん)はスマホです。

自宅でスマホ使っている人もいるかもですが、
基本スマホの使用場所は屋外です。

屋外だとDocomoだとLTEで早くなったとはいえ携帯の回線です。

 

まだまだ遅いんです。

 

すでに利用ユーザーの使用している環境状況を考慮すると、
この速度に関してもサイトを作られる際には
気にしていかないといけない重要なポイントではないでしょうか?

 

まとめ

今回WordPressの最新事例なども色々聞いてきたわけですが、
こんなこと出来るのかーということがいくつもありました。

そういった新しい情報をお客さんと共有して、
お客さんが作りたいと思った時に
新しいご提案が出せるように日々勉强しています。

なにかこんなことがやりたいんだけど〜みたいな
お話があればお気軽にご質問、お問い合わせくださいね。

 

以上、東京帰りの上原でした。

本日も1日頑張りましょう!

Pocket

CONTACT

「求人をお考えのかた」や「ホームページでこんなことできる?」など
お気軽にお問い合わせください
FORM
PAGE TOP