【2019年度】画像でわかる!IT化のための補助金制度

2019.04.10

Web全般


みなさんこんにちは。
ツクリエの花岡です。

 

突然ですが、「IT導入補助金制度」を知っていますか?

 

2017年に始まった補助金制度で、中小企業・小規模事業者を対象に、
ITツール(ソフトウエア、サービス、ホームページ制作など)の導入費用を一部、国が補助する制度です。

昨年度も開催され、広島県内では約1000社の採択がなされました。

 

そんなIT導入補助金ですが、
本年度、ホームページ制作はIT導入補助金の対象となりません。

 

実は、IT化に活用できる補助金制度は
「ものづくり補助金」、「IT導入補助金」、「小規模事業者持続化補助金」
の3つがあります。

2019年度は中小企業・小規模事業者の更なるIT化推進のため、上記の3つの中から
IT化の状況による棲み分けがおこなわれます。

 

「ものづくり補助金」は、大規模なシステムの構築や製造機購入の為の補助金となり、
「IT導入補助金」は、補助上限額/下限額が昨年から大幅にアップされ、より高度なIT化の為に活用される方向となりました。
HP作成、決済・会計ツールなどの基礎的なIT化については、「小規模事業者持続化補助金」で対応するように変更されました。

 

わかりやすいよう、画像一枚にまとめました。
下記をご参考ください。

ツクリエは本年度も、IT導入支援事業者として登録を行います。

「今よりも効率的に業務を行いたい」「売上向上の為に、ホームページに更にシステムを組み込みたい」

などございましたら、ご相談ください。

関連記事 RELATED